X-Plane11シーナリーのAirportIDを変更する手順

AirportID変更の必要性

X-Plane11の更新によってデフォルトの飛行場が追加されたとき,その飛行場のフリーシーナリーの中には,デフォルトのAirportIDとは違うコードが付いているものがあります。

またふと考えてみると私が作成した忘れられた滑走路たちのAirportIDも規則性がなく,AirportIDを変更することになると考えています。

いろいろな場面でAirportIDを変更すれば解決することがあるので,そのときの一助になればと考えてAirportIDの変更手順を整理しました。

WEDソース付属の有無による手順の違い

X-Plane11のシーナリーを編集するツールであるWEDのソース” earth.wed.xml”がシーナリーに付属しているかどうかで手順が違います。

” earth.wed.xml”が付属しているフリーシーナリー

このシーナリーのAirportIDを変更するには,WEDを使って次の手順で変更します。

” earth.wed.xml”が付属しているシーナリーフォルダーの構成例

変更の手順

1 WEDでAirport IDを変更したいシーナリーを選んで開きます。

WEDでシーナリーを選ぶ

2 右側のウインドウで空港を選び,AirportIDの項目を探します

3 AirportIDの右側の枠をクリックして白色にし新しいAirportIDを入力します

4 つぎに”save”,”export scenery pack”でシーナリーを作り直します。

” earth.wed.xml”の付属していないフリーシーナリー

このシーナリーのAirportIDを変更するには,エディターまたはWindowsなら付属のメモ帳を使います。

” earth.wed.xml”が付属していないシーナリーフォルダーの構成例

変更の手順

シーナリーフォルダー内の” Earth nav data”フォルダー内にある”apt.dat”を次のように直接編集します。

3行目の”1  1187 0 0 RJCE Biei GP”を”1  1187 0 0 XRJG01 Biei GP”に変更します。

apt.datの直接編集

編集し終わったら上書き保存します。

編集ミスで表示できなくなったらこまるので,バックアップファイルは残しておきましょう。

なお” earth.wed.xml”が付属しているフリーシーナリーについては,” earth.wed.xml”の定義と整合がとれなくなるので,apt.datを直接変更してはいけません。

AirportID変更の後始末

シーナリーのAirportIDを変更したら,シーナリーフォルダーにAirportIDが書いてある場合,混乱しないようフォルダー名も変更しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました