Communityフォルダー内のシーナリー構成を場面に応じて変更する方法

シーナリー構成を場面に応じて変更する

MSFSのアドオンシーナリーが増えてくると,Communityフォルダーが膨れ上がります。

通常,Communityフォルダー内のフォルダーが少ないほどフライト開始までかかる時間は短くなります。

リセット方法は説明しましたが,次に場面に応じてシーナリーの構成をMSFS Addon linkerを使ってダイナミックに変更する方法を説明します。

MSFSのアドオンをCommunityフォルダーの外に置く方法
MSFSのシーナリーや塗装データなどのアドオンは,すべてCommunityフォルダーにいれます。そのためCommunityフォルダーに入れたフォルダーはだんだん多くなります。またCommunityフォルダーに入れたデータが多くなればなるほどMSFSでフライトまでの時間が長くなります。データをほかのディスクに入れることができ,使うデータの有効無効を切り替えたりすることができればこれらの問題は一気に解決します。これを実現するアプリが公開されましたので,ご紹介します。

使うシーナリーを一つのフォルダーにまとめる

使うシーナリーを探すとき,Flightsim.toで”Hiroshima”を検索するといくつかのシーナリーが表示されます。

Flightsim.toから引用

仮に日本の中国地方だけを飛行するとして,中国地方にある空港を一つのフォルダーにひとまとめにして入れます。

まとめたフォルダーに名前を付ける

ひとまとめにしたフォルダーに名前を付けますが,MSFS Addon linkerは,フォルダー名をコード順に並べるので,フォルダー名の先頭に”_(アンダーバー)”や数字を付けます。

中国地方であれば“_Cyugoku region”にします。

こうすることでまとめたフォルダーを先頭に表示して順位を付けることができるようになります。

私のシーナリー保管フォルダーの例です

 

MSFS Addon linkerでフォルダー構成を確認する

フォルダーを作ったらMSFS Addon linkerをスタートしてフォルダー内の構成を確認しておきます。

名前がまちがっていたら,元のフォルダーに戻って訂正しておけば,MSFS Addon linkerを再スタートすることで確認するよう表示されます。

MSFS Addon linkerで使うフォルダーを有効化する

確認が済んだら,ひとまとめにしたフォルダー先頭にあるチェックボックスをクリックしてシーナリーを有効化します。

この状態でMSFSをスタートすれば,選んだフォルダー内のシーナリーだけを使うことができます。

このときのCustom Sceneryフォルダーの大きさは下の画面のとおりです。

ライブラリーや季節用や修正用の常駐シーナリーがあるので,かなりの大きさになっていますが保有シーナリー全体の4%未満です(^^)v

使わないフォルダーを無効化する

フォルダーの利用が終わったら,先ほどのチェックボックスを再度クリックして無効化すれば,Custom Sceneryフォルダー内のシンボリックリンクが削除されます。

なお一旦利用したシーナリーは,Contxt.xmlに記録されるので有効・無効を切り替えても順位は変更されません。

タイトルとURLをコピーしました