カスタムシーナリーをインストールする手順

カスタムシーナリーをインストールする手順

カスタムシーナリーを保存するフォルダーの場所

カスタムシーナリーを使うためには,シーナリーフォルダーをMSFSをインストールしたフォルダー内にある”Community“フォルダーに収容します。

カスタムシーナリーを保存する”Community“フォルダーは,MSFSの購入先によって次のように場所が異なります。

Windowsストアから購入した場合

デフォルトフォルダーに導入したとき

C:\ Users\[ユーザー名]\AppData \ Local \ Packages \ Microsoft.FlightSimulator_8wekyb3d8bbwe \ LocalCache \ Packages \

カスタムフォルダーに導入したとき

Flight Simulatorのインストール先にカスタムフォルダーを指定した場合は,そこになります。

私の場合は,導入したフォルダーが”H:MSFS”だったので,”H:\MSFS\Community”になります。

Steamから購入した場合

C:\ Users\[ユーザー名]\AppData \ Local \ Packages \ Microsoft.FlightDashboard_8wekyb3d8bbwe \ LocalCache \ Packages \

ここで注意しなければならないのは,Windows 10はデフォルトで「AppData」フォルダーを非表示にするので,ファイルエクスプローラーのメニューで[表示/非表示]に移動し,[隠しファイル]のチェックボックスにチェックを入れておく必要があります。

カスタムシーナリーの入手先別のデータ形式

2022年6月現在,個人のページを除けばMSFSのデータを公開しているのは”Flightsim.to”と”Flightsim.com”です。

“Flightsim.to”からダウンロードしたデータは,”airport-kirigamine-glider-field_5kCTS.zip“のようにzip拡張子の前に”_5文字“の乱数文字列が付加されています。

Flightsim.comや個人のページからダウンロードしたデータは”.zip“,”.rar“,”.7z“という拡張子になっています。

入手先別の展開手順と導入するフォルダー

“Flightsim.to”からダウンロードしたシーナリー・データ

“Flightsim.to”からダウンロードしたシーナリー・データは,ダウンロードしたフォルダー内で展開します。

展開したら上記の”airport-kirigamine-glider-field_5kCTS.zip“では,”airport-kirigamine-glider-field“というフォルダーが出来上がります。

一般的にこのフォルダーの中に”scenery“フォルダーがあるので,一応確認しておきましょう。

中にはいろんなデータが含まれていることがあります。

scenery“フォルダーがある親フォルダーをCommunityフォルダー内にコピーすれば導入作業は終了です。

そのほかのページからダウンロードしたシーナリーデータ

Flightsim.comや個人のページからダウンロードしたデータは,まずダウンロードしたフォルダー内で元のデータ名を付けた仮ホルダーに展開します。

Shigeさんのページからダウンロードした”2020_Japan_Tokyo-PLATEAU.zip“を例にします。

Shigeさんのページから引用した東京シーナリーのダウンロードページです

“2020_Japan_Tokyo-PLATEAU.zip“を”2020_Japan_Tokyo-PLATEAU“フォルダーに展開し,開きます。

そこに”scenery“フォルダーがあることを確認します。

“2020_Japan_Tokyo-PLATEAU”フォルダーを開いたイメージです

確認したら”2020_Japan_Tokyo-PLATEAU”フォルダーをCommunityフォルダー内にコピーすれば導入作業は終了です。

ダウンロードしたデータによっては,2重に圧縮してある場合もあります。

この場合Communityフォルダー内にコピーするシーナリーフォルダーは”scenery“フォルダーが含まれている親フォルダーになります。

タイトルとURLをコピーしました