これだけは導入したいMSFSのフリーウェア

Flightsimulator

MSFSを使う時に導入しておきたいフリーウェア

MSFSを使う時,シーナリーや機体データの管理を簡単にしたいとか,フライトプランを簡単に作りたい,ムービングマップを表示したいという気持ちになります。

私がこれまでMSFSで利用してきたフリーウェアのなかで,これだけは使い続けたいと思わせるものがいくつかあります。

紹介したときの記事へのリンクを一緒に書いておきますのでぜひ使ってみてください。

おすすめのフリーウェアアドオン

MSFS Addons Linker

これはシーナリーや機体データの管理に使います。

フォルダー分けの自由度が高いので,自分なりのフォルダーの構成を考えれば,機体のカテゴリー別とかシーナリーの地域別・シチュエーション別などの分類もできます。

MSFSのアドオンをCommunityフォルダーの外に置く方法
MSFSのシーナリーや塗装データなどのアドオンは,すべてCommunityフォルダーにいれます。そのためCommunityフォルダーに入れたフォルダーはだんだん多くなります。またCommunityフォルダーに入れたデータが多くなればなるほどMSFSでフライトまでの時間が長くなります。データをほかのディスクに入れることができ,使うデータの有効無効を切り替えたりすることができればこれらの問題は一気に解決します。これを実現するアプリが公開されましたので,ご紹介します。

FlightShare

私はムービングマップとしての利用が多いですが,表示された地図上で簡単なオートパイロットや移動ができるツールです。

このアドオンのムービングマップは,MSFSを動かしている同じPCのリモート画面で表示させます。

超簡単にリモート操縦する方法
MSFSで場所移動やオートパイロットの目的地を変更したりするときは大変な手間を要します。ところが超簡単に場所・高度・速度・目的場所を自由に設定できる外部アプリケーションが公開されました。驚くほど高機能なオートパイロットアプリですが,このアプリは仲間同士が一緒に飛行したいという目的のために作られたものでした。本来の目的とは少し違いますが,多機能なリモートオートパイロットアプリとしてご紹介します。

LittleNavMap

フライトシミュレーターのフライトプランの作成では,このアドオンは必須です。

FSX,MSFS,X-Plane11のプランが作成できる高機能のアドオンです。

ムービングマップ機能もあり,FlightShareとの違いはリモートPCでもマップを表示できることです。

私が紹介記事を書いた当時は,X-Plane11だけで利用していました。

X-Plane11に付属しているSID/STARを使ってIFR用飛行計画を作る方法
フライトシミュレーターでIFR用の飛行計画を作るとき,各空港のSID/STARを含む物を作成したいことがあります。 空港のチャートを参考にすれば,テキストウィンドウのプランナーでも可能ですが,MSFSやX-Plane11に付属しているかどうかを確認するには面倒です。シミュレーターに付属しているSID/STARだけを飛行計画に反映できるビジュアルプランナーがありますのでご紹介します。

Gees

着陸はフライトシミュレーターで最も難しい技術ですが,それを向上させるには客観的な測定をする必要があります。

これはMSFSで着陸加速度(G)を測定してくれるアプリです。

いろいろな測定アドオンがありますが,このアドオンはシンプルで使いやすいものです。

MSFSで着陸速度を測定する方法
実機においてもシミュレーターにおいても着陸は最も難しい技術です。その技術を向上させるには客観的な測定をする必要があります。 自分の未熟さをさらけ出すことにはなりますが,MSFSで着陸速度を測定してくれるアプリがあるのでご紹介します。

1Gをめざして練習しましょう。

msfs-simratebandit

“MSFS SimRate Bandit”の日本語訳は”MSFSシムレートの盗賊”という物騒な見出しですが,これはシムレートを表示し音声でレートを告げてくれるアドオンです。

同時にシムレートを変更することができますが,MSFSの外部プログラムですからリモート画面で表示するかマルチデスクトップで表示する必要があります。

シミュレーターレートを簡単にコントロールする方法
MSFSには,シミュレータの進行速度すなわちシムレートをコントローするキー割り当てがあります。けれどもそれは使いにくく,現在のレートがいくらになっているかを知る事ができません。そんな不便な状況を改善する方法を説明します。

 

以上の4つのフリーウェアは私が常時利用しているものですので,ぜひ使ってみてください。

質問などがございましたら,相談室に書き込んでください。

Enjoy Flight!

コメント

タイトルとURLをコピーしました